部門のご案内

部門のご案内
トップページ > 部門のご案内 > 薬剤部

薬剤部 概要

渋川医療センター薬剤部 渋川医療センター薬剤部 渋川医療センター薬剤部 渋川医療センター薬剤部 渋川医療センター薬剤部

薬剤部は、適正な医薬品や医薬品情報の供給、副作用のモニタリングなどを通して、患者さんの医薬品を用いた治療が、有効で安全に、そして安心して行えるよう日々取り組んでおります。特に注射剤を用いた「がん薬物療法」では、患者さん個人個人の体格に合わせた投与量や治療方法毎のスケジュールを確認した上で、注射薬をクリーンルーム内で無菌的に調製して供給しています。
また、各病棟には専任の病棟薬剤師を配置して、医薬品に関する情報を提供すると共に、入院患者さんが抱えるクスリに関する疑問や不安など、様々な問題にお応えする体制をとっております。
クスリに関するご質問などがございましたら、お気軽に薬剤部へご相談ください。

調剤業務について

調剤業務

内服薬や外用薬の調剤を行っています。医師が処方した薬の用法・用量、服用薬の相互作用の有無を確認し、患者さんに適切な薬を提供しています。患者さんによっては複数の錠剤を一回分ごとにまとめる一包化も行っています。また、院外薬局からの疑義照会にも応じており、外来の患者さんにも適切な治療を提供できるよう取り組んでいます。

錠剤分包機での調剤

錠剤分包機での調剤

散剤調剤

散剤調剤

注射調剤業務

調剤業務と同様に医師が処方した薬の用法・用量、服用薬の相互作用の有無を確認しています。この他に、注射薬を混合した場合の安定性・薬効の低下の有無や投与経路・速度の確認なども行っています。

注射調剤

注射調剤

無菌調製

主に抗がん剤の調製を行っています。抗がん剤投与予定日に患者さんの状態を医師が診察し、実施可能となってから薬剤部内にある無菌室で調製を行っています。調製は安全キャビネットという装置を用いて、無菌的に行っています。また、患者さんごとに抗がん剤の治療計画であるレジメンによる投与量や投与間隔などを確認しています。

無菌調製

無菌調製

病棟業務について

持参薬報告

患者さんが入院するときに持ってきたお薬やサプリメントなどを調べて、医師、看護師に報告します。持ってきたお薬との飲み合わせや、手術が予定されている患者さんの術前に中止するお薬を確認し、正しくお薬が使用されるように、医師、看護師に情報提供を行っています。

服薬指導

患者さんに対して、治療で使うお薬の使い方や効果、副作用などを説明しています。直接病室に伺って、お薬を正しく飲めているか、副作用がないか確認しています。お薬のことで不安な点や分からないことの相談にも応じています。また、入院で抗がん剤を始める患者さんには、治療のスケジュールや副作用の対処方法についても説明しています。

入退院支援センターについて

入退院支援センターは、患者さんの入院に関わる手続きを行う場所です。薬剤師は、手術が予定されている患者さんの術前に中止するお薬を確認し、医師、看護師に情報提供を行っています。

入退院センターでの薬剤師業務風景

入退院センターでの薬剤師業務風景

外来化学療法室について

薬剤投与を行ういす

薬剤投与を行うリクライニングチェア

薬剤投与を行うベッド

薬剤投与を行うベッド

 外来化学療法室は、患者さんが入院せずに通院で抗がん剤の投与を受けられる場所です。化学療法専任の医師や薬剤師、看護師が、患者さんに安全かつ安心して治療を受けていただけるよう、投与前から投与後まで患者さんのサポートを行っています。
 薬剤師は、患者さんの副作用の発現状況を確認しながら、抗がん剤の減量や休薬、副作用軽減の薬などを医師に提案することがあります。また、患者さんに日常生活における副作用対策を指導したり、抗がん剤以外に服用している薬の相談を受けたりすることで、患者さんが問題なく生活を送れるようにお手伝いしています。その他、患者さんが治療に専念できるように、抗がん剤治療に対する不安などの精神的なケアやフォローを行っています。

薬剤師外来

 平成30年3月から外来で抗がん剤を投与されている患者さんを対象に薬剤師外来を開始しました。
 外来化学療法室において、点滴の抗がん薬治療を受ける患者に対しては以前から薬剤師が常駐し、抗がん薬の説明、副作用の確認、副作用に対する処方提案などで関わり、患者の安心・安全に関与していましたが、内服の抗がん薬については、薬剤師は継続して関わってはいませんでした。
 しかし、最近では、複数の内服の抗がん剤が投与され、それぞれの服用方法が異なるといった複雑な場合があるため、患者のアドヒアランスを含めた薬物療法の質を向上し、薬物療法を安全に継続できることを目的に開始しました。

チーム医療について

褥瘡・排泄ケアチーム (PUT)

褥瘡・排泄ケアチームは、皮膚科医、薬剤師、管理栄養士、皮膚・排泄ケア認定看護師で構成され、褥瘡の管理指導から全身のスキンケア、栄養管理方法などを病棟看護師と共に検討し、実施可能な方法を指導しています。その中で薬剤師は、創部の湿潤環境に応じた外用薬の提案や、病棟看護師、患者家族などにお薬の使い方を説明しています。

褥瘡チームのラウンド

褥瘡チームのラウンド

感染制御チーム (ICT) 、抗菌薬適正使用支援チーム (AST)

ICTでは、院内で起こるさまざまな感染症から、患者さんをはじめご家族や職員の安全を守るための活動を行っています。またASTでは、抗菌薬の適正使用を通じて抗菌薬が効かない薬剤耐性菌を生まないように効果的な使用法を支援しています。その中でも薬剤師は、各職種と病院全体の感染対策に対する協議に参加し、医師、看護師、臨床検査技師と共に抗菌薬が適正に使用されるよう提案や相談応需あるいは巡視を行うことで安全で安心な医療の提供に貢献しています。

緩和ケアチーム (PCT)

緩和ケアチームは、がん治療の過程の中で生じる身体のつらさ、気持ちのつらさ、生活上のつらさを抱えた患者さんとご家族を、あらゆる面で支えるための治療やケアを行います。緩和ケアチームの薬剤師は、精神科医や緩和ケア医、認定看護師と共に患者さんのもとを訪問します。また、緩和ケアチームメンバーと週1回のカンファレンスにて、対応策を検討します。

栄養サポートチーム (NST)

NSTでは、チームスタッフとラウンドを行い、栄養不良の患者さんのベッドサイドに行き病態を把握します。輸液、経腸栄養剤の成分、処方設計、副作用、相互作用など薬剤師の立場からアドバイスをし、患者さんの栄養改善に寄与しています。

スタッフ紹介

 薬剤部長 金井 貴充
 副薬剤部長 1名
 主任薬剤師 5名
 薬剤師 10名
 薬剤助手 1名

認定・専門薬剤師

  • 日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 4名
  • 日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 2名
  • 日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 1名
  • 日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 2名
  • 日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師 1名
  • 日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム専門療養士 2名
  • 日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 1名
  • 日本臨床救急医学会 救急認定薬剤師 1名
  • 日本アンチ・ドーピング機構 公認スポーツファーマシスト 1名
  • 日本救急医学会 ICLS・BLS コースインストラクター 1名
  • 日本DMAT隊員登録 2名
  • JICA国際緊急援助隊登録 1名
  • 日本病院薬剤師会 病院薬学認定薬剤師 4名
  • 日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師 2名
  • 日本終末期ケア協会 終末期ケア専門士 1名
  • 日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士 1名

業績

学会・講演

<2018年度>

  • 佐藤亜希穂、新行内建一、松本守生、蟻川勝.カルフィルゾミブ+デキサメタゾン(Kd)療法中の患者に薬剤師が関わることで治療化学療法継続が可能になった1例.第72回国立病院総合医学会.神戸.2018年11月9日
  • 新行内健一、工藤彰、栗原りか、蟻川勝、飯合等、松本守生.薬剤師外来(ニンラーロ外来)の患者満足度の調査について.第28回日本医療薬学会年会.神戸.2018年11月23日
  • 中沢亜弓、蟻川勝、 飯合等.薬剤師から見た医薬品の安全な使用のための医療マネジメント. 医療マネジメント学会第8回学術集会.前橋.2019年1月27日

<2019年度>

  • 新行内健一、栗原りか、工藤彰、蟻川勝、飯合等、松本守生.IRd 療法の服薬アドヒアランス向上のための薬剤師の役割.第44回日本骨髄腫学会学術集会.名古屋.2019年5月11日
  • 栗原りか、新行内健一、蟻川勝、棚橋美文.病棟薬剤師の関わりが契機となり多職種で連携することで薬物療法では改善されなかった症状を改善することができた症例.第13回緩和医療薬学会.幕張.2019年6月2日
  • 新行内健一.チーム医療と薬剤師の関わり.多発性骨髄腫セミナーin千葉.千葉.2019年6月22日
  • 新行内健一.当院におけるチーム医療の取り組み~薬剤師の関わり~.ダラザレックスWebセミナー.前橋.2019年8月1日
  • 澤村星吾、松本守生、飯合等、海老原卓志、新行内健一.治験被験者に対する薬剤管理指導業務の効率化に向けた取り組み~薬剤師とCRCの連携~.第19回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2019 in YOKOHAMA.横浜.2019年9月14日
  • 新行内健一、工藤彰、栗原りか、海老原卓志、飯合等.当院におけるイキサゾミブ・レナリドミド・デキサメタゾン療法における薬剤師の関わり.第29回日本医療薬学会年会.福岡.2019年11月2日
  • 中沢亜弓、蟻川勝、飯合等.休薬期間が必要な薬剤の適正使用に向けた取り組み.第73回 国立病院総合医学会.名古屋.2019年11月9日
  • 海老原卓志.一般名処方加算算定へ向けての代行処方変更入力.全国国立病院院長協議会関東信越支部会第2回役員会.東京.2020年2月21日
  • 新行内健一.多発性骨髄腫治療における薬剤師の役割.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020.福岡.2020年3月21日
  • 葛岡朋代、飯合等、海老原卓志、新行内健一、栗原りか、直井隆浩、佐藤亜希穂、松本守生.再発・難治性多発性骨髄腫患者に対してカルフィルゾミブを使用した場合の腎機能改善効果.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020.福岡.2020年3月22日

<2020年度>

  • Mari Honda, Rei Haruyama, Yasuo Sugiura, Kaori Ohara, Kazuya Mochigi, Yuzuru Kono, Hiroyuki Shichino, Hideko Uryu, Tetsuya Mizoue, Terumi Marutani, Takashi Ebihara, Fumiya Uchiyama, Satoshi Makise, Hidechika Akashi, A breathing movement sensor for chest radiography during inspiration in children aged less than 3 years : a prospective randomized controlled study.BioScience Trends. 2020; 14(3):200-205
  • 新行内健一、当院のIRd療法における薬剤師外来について、第3回群馬県薬学大会.第16回群馬県薬剤師会学術大会・群馬県病院薬剤師会第38回学術大会.前橋.2020年5月17日
  • 新行内健一、渋川医療センターのレジメン(治療内容)の解説.2020年度第1回渋川医療センター薬薬連携研修会.渋川.2020年9月24日
  • 直井隆浩、院外処方箋に関する日々の疑問について~外来化学療法の連携充実を中心に~.2020年度第1回渋川医療センター薬薬連携研修会.渋川.2020年9月24日
  • 新行内健一.骨髄腫治療における薬剤師の関わり~カイプロリスの事例を中心に~.多発性骨髄セミナーin庄内~チーム医療を考える~.前橋.2020年10月3日
  • 海老原卓志、小山智之、飯合等.一般名処方加算算定へ向けての代行処方変更入力.第74回国立病院総合医学会.新潟.2020年10月16日
  • 新行内健一、栗原りか、川村勇太、佐藤亜希穂、中沢亜弓、葛岡朋代、直井隆浩、松井雄太、根岸由貴、海老原卓志、飯合等.当院における連携充実加算を算定へ向けての取り組み.第30回日本医療薬学会年会.名古屋.2020年10月24日
  • 新行内健一.嚥下に良い薬・悪い薬.第68回渋川摂食嚥下研究会.渋川.2021年2月2日

実習受入

<2018年度>

薬学部学生長期実務実習 3名

<2019年度>

薬学部学生長期実務実習 1名

<2020年度>

薬学部学生長期実務実習 2名

抗がん剤レジメン一覧

膵がんレジメン一覧

胃がんレジメン一覧

大腸がんレジメン一覧

悪性リンパ腫レジメン一覧

多発性骨髄腫レジメン一覧

小細胞肺癌レジメン一覧

非小細胞肺癌レジメン一覧

乳がんレジメン一覧

胆道がんレジメン一覧

急性骨髄性白血病レジメン一覧

ベネクレクスタ投与前チェックリスト

急性リンパ性白血病レジメン一覧

慢性リンパ性白血病レジメン一覧

非ホジキンリンパ腫レジメン一覧

保険医療機関及び保険薬局の方へ

患者のレジメン(治療内容)や患者の状況に関する問い合わせは0279-23-1010までお願いします。

院外処方箋における疑義照会事前同意プロトコール