診療科のご案内

診療科のご案内
トップページ > 患者様ご家族向け > 診療科のご案内 > 脳神経外科
髙橋 章夫
(たかはし あきお)
合田 司
(ごうだ つかさ)
平戸 政史
(ひらと まさぶみ)
脳神経外科部長 脳神経外科医長 脳神経外科特任部長
高橋章夫 合田司 平戸政史
宮城島 孝昭
(みやぎしま たかあき)
伊部 洋子
(いべ ようこ)
 
脳神経外科医師
(非常勤医師)
脳神経外科医師
(非常勤医師)
 
宮城島孝昭 伊部洋子  

脳神経外科・ニューロモジュレーションセンター

はじめに

 当院脳神経外科は、北毛地域の基幹病院の診療科として、脳血管障害、頭部外傷などの一般的な中枢神経系疾患に幅広く対応する他、2016年の開設当初より脳の機能的疾患の外科治療に力を注いでまいりました。2019年4月より、ニューロモジュレーションセンターを開設、機能的脳神経外科のほぼ全ての領域をカバーできる全国でも極めてユニークな施設になりました。また、てんかん専門医を目指す若手医師の研修ができる県内唯一の施設として、日本てんかん学会に認定され、専門医の育成を行っています。

 対象となる疾患はてんかん、痙縮、パーキンソン病や本態性振戦、ジストニアなどの運動異常症、神経因性疼痛で、これらの疾患に対し、最新の神経科学に基づく外科的治療を行っています。

 このような神経難病については、外科的治療だけではなく、薬物治療、リハビリテーション、療育、生活支援などの包括的な医療が長期にわたって必要になります。当院では、脳神経内科、リハビリテーション部、臨床検査部、放射線診断部、看護部、ソーシャルワーカー、事務官を含む専任スタッフが協力医療機関や行政と連携しながら包括医療に取り組んでいます。

脳神経外科では、髙橋章夫(部長、ニューロモジュレーションセンター副センター長)、合田司(脳神経外科医長)2名の常勤医と、平戸政史医師(特任脳神経外科部長、ニューロモジュレーションセンター長)が月-木曜までの週日診療を担当、水曜午後に群馬大学脳神経外科の宮城島孝昭医師(機能的脳外科一般)、金曜午後に群馬大学リハビリテーション科の伊部洋子医師(高次脳機能障害、てんかん)が診療します。

神経難病に対する新しい治療法~ニューロモジュレーション

 ニューロモジュレーション(Neuromodulation)とは、脳、脊髄、末梢神経を電気刺激したり、薬剤を髄腔に微量注入することで、神経機能を制御・修正する治療法です。パーキンソン病に代表される運動異常症や神経因性疼痛の治療に用いられていますが、神経科学・医用工学の進歩により、対象となる疾患が広がってきました。従来の薬物治療と併用することで神経難病患者の症状軽減、日常生活能力の向上が期待できます。当院で行っているニューロモジュレーションは下記の3つです。

1. 脳深部電気刺激療法(Deep Brain Stimulation, DBS)
 薬物療法で十分な症状改善が得られないパーキンソン病、ジストニア、振戦、神経因性疼痛に対し、定位脳手術装置を用いて脳深部に刺激電極を留置し、胸部皮下に埋め込んだパルスジェネレーターに接続して電気刺激を行うものです(図1)。
 病態に応じ、視床、淡蒼球、視床下核に電極を留置しますが、当院は微小電極を用いた術中脳深部電気活動記録による精細な電気生理学的検索を行い、目標点に高精度で電極を留置します(図2)。また、振戦については視床腹中間核最外側部に極小熱凝固巣を作成し振戦の回路を調整する手術(Superselective thalamotomy in the most lateral part of the VIM)も行います。
脳深部電気刺激療法(Deep Brain Stimulation, DBS)

A: DBSの略図。左右の脳深部構造に刺激電極を正確に留置し、胸部に埋め込んだパルスジェネレーターとリード線を皮下に通して結線、目標構造物の電気刺激を行う。
B:DBSを行っている患者の頭部X線写真。本症例では両側の視床下核に電極が留置されている。
C:胸部X線写真。パルスジェネレーターは左右前胸部皮下に埋め込まれ、刺激電極と皮下を通して結線されている。

定位脳手術

覚醒状態で、微小電極を用いた術中脳深部電気活動記録により、目標点とその周囲構造の詳細な電気生理学的検索を行っている

2.迷走神経刺激療法 (Vagus Nerve Stimulation, VNS)
 開頭手術の適応にならない薬剤抵抗性てんかんや、外科治療の効果が認められなかった症例に対しては、発作緩和の目的で迷走神経刺激療法を行います(図3)。左側の頸部迷走神経にらせん電極を巻き付け、左前胸部皮下に埋め込んだ刺激波発生装置とつないで刺激を行うもので、発作減少率は約50%ですが、効果は経年的に漸増するといわれています。開頭手術に比べて手術のリスクが低いので、近年急速に普及してきました。最新の刺激装置には、てんかん発作に先行して生じる心拍数の変化を検知して自動的に刺激するプログラムが加えられており、発作抑制効果の向上が期待されています。当科では、薬剤抵抗性てんかんに対して、従来の側頭葉切除、頭蓋内脳波記録を用いた新皮質焦点切除(図4)や脳梁離断術に加え積極的にVNSを行っています。
迷走神経刺激療法 (Vagus Nerve Stimulation, VNS)

A:迷走神経刺激療法の模式図 実際にはすべてのシステムは皮下に埋め込まれている
B:頭蓋内電極留置の術中写真
C:外来での刺激条件調整 専用のワンドとタブレットを用いて皮下に埋め込まれた刺激装置を調整する

頭蓋内脳波記録を用いた新皮質焦点切除

A:3DMRIで示された病変(右前頭葉、限局性皮質異形成、赤丸で示す領域)と頭蓋内電極(脳深部電極、硬膜下電極)の配置(X線写真とCT-MRI融合画像)。
B:頸部ー胸部のX線写真 横矢印は左迷走神経に巻きつけられたコイル、三角は皮下を通したリード線、縦矢印は体内埋め込み型刺激波発生装置
C:発作時頭蓋内脳波記録 深部電極Cより発作が起始している
D:焦点切除後の脳表

3.髄腔内バクロフェン療法(Intrathecal Baclofen therapy, ITB)
 既存の治療法で効果不十分な脳脊髄に由来する重度の痙性麻痺に対し、髄腔内にカテーテルを挿入、ポンプを埋め込み、バクロフェンを持続微量注入する治療法です(図5)。
 頭部外傷や脳卒中後の片麻痺、小児脳性麻痺による対麻痺が対象になります。軽症な脳卒中後の痙縮については、ボトックス療法を行っています。
髄腔内バクロフェン療法(Intrathecal Baclofen therapy, ITB)

腹部に埋め込んだ持続注入ポンプからバクロフェンを髄腔内に微量注入し、痙性を緩和する。

専門外来

水曜日午後のニューロモジュレーション外来を御予約下さい。
お急ぎの場合は通常の脳神経外科外来、脳神経内科外来でも診療可能です。

おわりに

 当院脳神経外科の活動を紹介いたしました。難治の神経疾患は、がんと同様に包括医療が必要であり、より良い診療を行うためには関連する診療科、部門、さらに施設間の連携が不可欠で、群馬県においても地域診療ネットワークの早急な確立が望まれます。当院脳神経外科は、最新の外科治療を、迅速に提供して、患者とその家族を優しく支援できるようにスタッフ一同努力してまいります。

脳神経外科部長
ニューロモジュレーションセンター副センター長
髙橋章夫

診察室

統計情報

統計情報
脳神経外科
時間
午前 合田 司 髙橋 章夫 合田 司 髙橋 章夫 合田 司
  平戸 政史   平戸 政史  
午後     平戸 政史 平戸 政史 伊部 洋子
(群大)
ニューロモジュレーション外来
時間
午後     ニューロモジュレーション外来